株式会社マルヨネ こだわりの極上麺 うどん・そば・きしめん・ラーメン・味噌煮込みうどん・パスタ 愛知県 乾燥麺の製造販売

株式会社マルヨネ
麺について
麺についてマルヨネの歴史商品情報企業情報トップページ
株式会社マルヨネ
麺一筋・・・マルヨネ乾麺の原点
明治時代、愛知県江南市に住む脇田彌十郎は、家の後ろに流れる木曽水系の水を利用して水車で粉や大麦を挽いた仕事をしていました。
農家から麦等を委託されてそれを加工して加工賃をいただくという仕事です。
彌十郎の長男竹次郎、そして次男米松は一緒に親の仕事を手伝っていました。大正8年次男米松が分家して現在の一宮市の場所に移り、最初に始めたのが本家で製粉した粉を加工し製麺屋として始めたのがマルヨネの原点であり、始まりになります。

詳しくは歴史ページへ


伝統の手打ち麺製法を、独自の製麺機械にて再現
脇田米松は隣に流れる木曽川を原動力にした水車と直径1mの石臼で粉にして製粉加工しておりました。木曽水系のおいしい地下水を利用して麺を作りたいという思いが製麺所を作るきっかけだと聞いております。現在は先々代米松伝授の手打製法を、マルヨネ自社開発の製麺機械により再現し製造しております。

マルヨネ麺画像小麦粉を練り上げた生地を一般的な製法として麺帯を2枚合わせて1枚の麺帯としてこれを段々と延ばしていく方法が普通ですが、当社の特徴はミキサーで練り終わった生地を空気に触れない特殊な生地成熟装置を採用し、十分に熟成した生地を手打の生地のように1枚の厚い麺帯として作り出し、これを多段ロールで生地損傷を抑えながらゆっくりと伸ばしている為、独特の歯ごたえ・コシをもっているのが特徴です。

小麦粉の本来のうまさを引き出し、より手打ち麺に近いおいしい商品作りを目指しております。


対話から生まれるマルヨネ商品
マルヨネは伝統を大切にし、ご家庭の食卓で喜ばれることを第一に考えた、皆様の声を大切にした麺づくりを行っております。

皆様のご要望に応える形で、マルヨネでは現在、多岐にわたる麺を製造しております。
各商品の詳しい情報はこちらのページからご覧下さい。



商品情報ページへ

マルヨネの歴史
マルヨネの昔懐かしの写真館
オンラインショップ
マルヨネ商品情報

マルヨネトップへ
copyright(c)2006 Maruyone Co.,Ltd All Rights Reserved.